このページを印刷する このページを印刷する

乳製品製造ライン洗浄過程排水中の乳残留量

シリーズ:まじめに測ってみました

乳製品製造ライン洗浄過程排水中の乳残留量

今は1つのラインでいろいろな製品を作る時代。違う製品を作る際には洗浄し、きれいになった状態にしてから別の製品を作ります。
でも本当にきれいになっているのか気になる方もいるのではないでしょうか。とくにアレルゲンなら…。
実際にどうなっているのかモバイルPCR装置で調べてみました。

【第一ステップ:検量線の作成】

試料

牛乳

前処理

下記各濃度への希釈のみ
106、104、103、102、101 pL/リアクション 及び ネガティブコントロール

反応組成
μL 備 考 (終濃度)
酵素;KAPA 3G Plant(2.5U/μL) 0.6 1.5U/reaction
Buffer (×2) 8 x1
F-Primer:ウシ  (100μM)※1 0.06 400nM
R-Primer:ウシ  (100μM)※1 0.13 800nM
Probe:ウシ  (100μM)※1 0.03 200nM
MgCl2(25mM) 0.8 1.25mM
試料 1
PCR grade water 5.4

反応試料Total 16μL

プログラム
工程 温度 時間
初回変性 95℃ 15sec
アニーリング・伸長 65℃ 20sec 50cycle
変性 95℃ 4sec
単位:pl/rxn Ct値
1×106 28.6
1×104 35.5
1×103 39.4
1×102 42.0
1×101 45.3
ネガ 0.0
傾き -3.34
切片 48.84
R2 1.00
増幅効率 99%

【第二ステップ:残留牛乳量の測定】

試料

乳製品製造ラインの洗浄過程の排水

前処理

なし

テンプレート Ct 残渣牛乳量
(pl/6ul)
ppm
A 39.52 334.8 55.3
B 39.48 345.7 57.1
C 41.34 91.1 15.1
ネガティブ 非検出
※1 プライマー・プローブ配列
Tm
Cow-Primer F    5′-CCCGATTCTTCGCTTTCCAT-3′ (20mer) 66.8
Cow-Primer R    5’-CTACGTCTGAGGAAATTCCTGTTG-3′ (24mer) 65.4
Cow-probe         5’FAM-CATCATAGCAATTGCCATAGTCCAC-3’BHQ1 (25mer) 72.9

(株)日本遺伝子研究所製
Tm値計算は最近接塩基法による。ただしプローブは日本遺伝子研究所様の計算法による。
参考論文:Tanabe et al., A Real-Time Quantitative PCR Detection Method for Pork, Chicken, Beef, Mutton, Horseflesh in Foods.
Biosci. Biotechnol. Biochem., 2007, 71(12), 3131-3135