このページを印刷する このページを印刷する

レジオネラ菌って測定できるの?

シリーズ:まじめに測ってみました

レジオネラ菌って測定できるの?

レジオネラ菌の測定。入浴施設で時々問題になるレジオネラによる感染。定期的に検査する事が義務付けられていますが、検査には1週間近くかかります。
もしその場ですぐに検査できれば迅速に対処する目安になるかもしれません。
そこでモバイルPCR装置で測定が可能か調べてみました。

試料

Legionella pneumophila ATCC33152 培養株

前処理

アクアス(株)様にて抽出・精製

反応組成
μL 備 考 (終濃度)
酵素;KAPA 3G Plant(2.5U/μL) 0.6 1.5U/reaction
Buffer (×2) 7.5 x1
F-Primer 900nM
R-Primer 900nM
Probe 200nM
MgCl2(25mM) 1.2 2mM
試料 1.5
PCR grade water Up to 15

反応試料Total 16μL

プログラム
工程 温度 時間
初回変性 95℃ 15sec
アニーリング・伸長 58℃ 30sec 50cycle
変性 95℃ 3sec
結果

10copies/uLの濃度までレジオネラ菌の測定ができた。

※本データは株式会社ゴーフォトン様より御提供いただきました。