1968年、日本板硝子㈱は円柱状のガラスの中に放物線状の屈折率分布を得る事により、両端が平面でも自己収束性(Self Focusing)を持ち、画像や光が伝送できるレンズを開発致しました。

情報通信デバイス事業部は、この当社独自の「セルフォック(SELFOC®)レンズ」技術を応用し、オフィス機器向けをはじめ各種分野に『セルフォック・レンズアレイ(SLA)』等、各種光学部品の製造販売を行っております。

また、光学部品で養われた光学技術を活かし、この度、Mobile PCR装置を開発するに至りました。

今後は光学部品に留まらず、それら保有技術を活かし、より消費者に近い各種製品の展開を進める事で、 “ガラス技術で世界に変革を”を目指し、より一層の社会への貢献を果たしていきます。

会社名
日本板硝子株式会社
事業部名
ビジネス・イノベーション・センター
住所
神奈川県相模原市緑区西橋本5-8-1
連絡先
042-775-1532
このページを印刷する このページを印刷する