試薬配合のアドバイス

試薬配合時のポイントは、以下の通りです。

具体的には検査対象によります。測定例の一部に配合も載せていますので御参照ください※1

※1)
これまでの弊社経験では、酵素の濃度は従来のPCR装置の場合よりも濃くする方が反応性につき良好な結果が得られております。
このページを印刷する このページを印刷する