プライマープローブの準備

プライマープローブは従来PCR装置で使われているものが基本的に使用可能です。PCRは世界中で多くの研究が行なわれている為、文献から適切な配列を確認する事が可能です。
なお検出対象用として多数のプライマー・プローブセットが販売されています。※1

既知の配列からプライマー・プローブを作製を想定される場合、多くのメーカーが合成を請け負っています。
具体例は測定例にも記載していますので御参照ください。

プライマー・プローブ選択(合成)時に考慮する主なポイントは以下の通りです。
  • 増幅長は150bp以下をお勧めします。
  • Tm値に関しては従来PCR装置用と同じ考え方ですが、二つのプライマーのTm値が離れすぎていない事、プローブのTm値はプライマーのTm値より数℃~10℃高い事が必要です。
  • 弊社装置用プローブに使用できる蛍光色素はFAM,ROX,Cy5® です。
  • 試薬には必ずFAMプローブを導入ください。
  • マルチプレックスを行う場合にはこのFAM以外にROX, Cy5® を追加してください(弊社装置はMAX3項目までです)。
  • マルチプレックスを行う場合はダーククエンチャー※2を御使用ください。
  • プライマーはOPCグレード、プローブはHPCLグレードを御指定ください。
※1)
セット購入の場合は、例えばLightMix® シリーズが多くの検出対象のプライマー・プローブをラインアップしています。
(LightMix® はRoche Molecular Systems, Incの登録商標です)
※2)
合成依頼時、ダーククエンチャーにはFAMはBHQ-1®、ROXはBHQ-2®、 Cy5® はBHQ-3® がよく使用されます。
(Cy5® はGE Healthcare Bio-Sciences社の登録商標です
BHQ® はLGC Biosearch Technologies,Inc.,の登録商標です)
このページを印刷する このページを印刷する