Tm値の計算について

Tm値は、DNA二重結合の相補塩基対が50%解離する温度です。このTm値は、配列の長さ、GC結合の割合、そして濃度に依存します。
幾つかのTm値計算方法がありますが、例として「最近接塩基法」での計算ができるエクセルシートをご提供できます。
下記からダウンロードしてご使用下さい。※1

※1)
最近接塩基法が信頼性が高いとされておりますが、あくまで参考値とお考え下さい。
高塩濃度、エンハンサー含有等、バッファー組成などが異なる実験条件下ではTm値も変化しますので注意してください。

ダウンロード

このページを印刷する このページを印刷する Print this page. Print this page.